水道管の凍結破損にご注意ください

この冬の寒さの影響により、水道管や水道メーター、蛇口が凍って破裂事例が多発しております。次のことに注意し、水道管などの凍結、破裂を予防しましょう。

凍結しやすい水道管

  • 屋外にあるもの
  • 北向きのところにあるもの
  • 風当たりの強いところにあるもの
  • むき出しになっているもの

凍結を防ぐためには

  • 水道管や蛇口には、布切れや毛布、冬専用の保温材を巻き、濡れないように上からビニールテープを巻いておきましょう。
  • 水道メーターボックス内には、布切れなどの保温材が濡れないようにビニール袋などに入れて、検針に支障がないように水道メーターのまわりに詰めておきましょう。また、宅配便等で、われものなどを包んでいるエアパックシート等も有効です。
  • アパート・マンション・貸家などで、入居者のいない部屋では、配管や蛇口などが凍結しやすいので特に注意し、ボイラーの水抜きも忘れずにしてください。
  • 使用していない水道の場合、メーターボックス内の止水栓を閉めておくことで、宅内で水道管が破損した場合などの水漏れを防ぐことができます。
メーターボックス内のメーターと止水栓

メーターボックス内のメーターと止水栓

水道管が凍結により破裂した場合は

  • メーターボックス内の止水栓を閉め、水を止めてください。
  • 伊勢崎市指定給水装置工事事業者へご連絡ください。

凍って水が出ないときは

  • 自然に溶けるのを待つか、タオルを蛇口にかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて溶かします。熱湯を直接かけると破裂やひび割れすることがありますのでご注意ください。
  • 凍結のおそれがある場合、蛇口を開けたまま留守にしないでください。帰宅したら水浸しということがあります。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

水道局給水課 維持係
〒372-0812 伊勢崎市連取町1952番地
電話番号 0270-30-1230
ファクス番号 0270-21-1101

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年02月01日