このページの本文へ移動

トップページ 市政情報 ふるさと寄附金 ふるさと寄附金のメニュー

トップページ くらし 税金 ふるさと寄附金 ふるさと寄附金のメニュー

ふるさと寄附金のメニュー

  • 2017年4月3日更新

ふるさと寄附金メニュー

ふるさと寄附金は、伊勢崎市が、全国の皆様に応援していただきたい事業別メニューや「いせさきし!」にちなんだ分野別メニューからお選びいただくことができます。あたたかいお気持ちとしていただいた寄附金は、本市の発展のため有効に活用させていただきます。

事業別メニュー

小中一貫英語力向上プログラム推進事業

グローバルな視点で考え、ふるさとのために活躍する人材をめざす!「中学生海外語学研修」を応援!

中学生海外語学研修活用事業写真

高い志を持って伊勢崎の未来を切り拓く人づくりの一環として、国際姉妹都市の米国スプリングフィールド市で英語学習や様々な交流活動にチャレンジする中学生を応援してください。本市が力を入れている小中一貫英語力向上プログラムの推進に活用させていただきます。

【平成29年度総事業費】10, 500千円

田島弥平旧宅世界遺産活用事業

先人が築いた歴史的・文化的資産「史跡田島弥平旧宅」を後世に伝えよう!

田島弥平旧宅活用事業写真

平成26年に「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産の一つとして世界遺産に登録されました。この「史跡田島平旧宅」を後世に伝えていくための費用に活用させていただきます。

【平成29年度総事業費】57,915千円

臨海学校施設改修事業

子どもたちの夏の思い出「臨海学校」をリニューアル! 

臨海学校活用事業写真

昭和48年に新潟県長岡市(寺泊地域)に建設された伊勢崎市臨海学校には、海の無い伊勢崎で育った子どもたちの夏の思い出がたくさん詰まっています。これからも楽しい学習・体験の場として活躍させるため、改修費用に活用させていただきます。

【平成29年度総事業費】150,213千円

赤レンガ倉庫施設整備事業

養蚕繁栄の歴史を物語る赤レンガ倉庫を保存、活用しよう!

赤レンガ倉庫活用事業写真

大正8年に繭の保管庫として建設された赤レンガ倉庫。養蚕業で栄えた地域の歴史を物語る貴重な歴史資産であり、地域の活性化やまちづくりの拠点となる大切な資源です。赤レンガ倉庫の施設整備に活用させていただきます。

【平成29年度総事業費】263,976千円

分野別メニュー

「い」 生き生き元気な健康づくりの分野

一人ひとりが、元気で生き生きとした生活を送れるように、健康づくりの分野に役立てます。

健康づくりの分野の風景写真

「せ」 生活の安心安全推進の分野

安心して安全に暮らせるまちをめざして、市民・警察・行政の連携による地域ぐるみの防災・防犯活動を推進していくため、安心安全推進の分野に役立てます。

安心安全推進の分野の風景写真

「さ」 爽やかスポーツ振興の分野

誰もが、それぞれの体力や年齢に応じて、スポーツに親しむことができるよう、スポーツ振興の分野に役立てます。

スポーツ振興分野の風景写真

「き」 来て!見て!賑わい観光振興の分野

首都圏近郊の観光地としての魅力と特色を創出するため、観光資源の整備や観光イベントの充実、地域の食文化の活用など、賑わいの観光振興の分野に役立てます。

観光振興の分野写真

「し」 自然環境保全・省エネ推進の分野

 河川、水路、池沼の美しい自然環境が保たれた親水整備、緑化事業の推進、省エネ対策など、自然環境保全・省エネ推進の分野に役立てます。

視線環境保全・省エネ推進の分野の風景写真

「!」 頼んだぞ!市長おまかせ分野

市長がその年度ごとに本市発展のために必要とする事業等を選んで、活用させていただきます。

(注)寄附金の使途を指定されなかった場合や寄附金の総額が事業等の事業額を超えた場合などは、市長が本市発展のために必要とする事業等を選んで、活用させていただきます。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画調整課
電話番号:0270-27-2707 ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:kikaku@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ