このページの本文へ移動

高齢受給者証

  • 2014年4月1日更新

 70歳になると「高齢受給者証」が交付され、医療を受けたときの自己負担割合や、支払った医療費が高額になったときの限度額が変わります。
 「高齢受給者証」には、その人の所得に応じた自己負担割合が記載されているので、医療機関にかかるときは、必ず国民健康保険証と一緒に提示してください。

(注)高齢受給者証はご自宅へ郵送しますので、窓口へお越しいただく必要はありません。

対象者

 70歳以上75歳未満の国民健康保険加入者

対象期間

 70歳になった翌月1日から(1日生まれの人は、誕生月の1日から)、75歳の誕生日の前日まで

自己負担割合

 誕生日が昭和19年4月2日以降の人 2割または3割
 誕生日が昭和19年4月1日以前の人 2割(特例措置により1割)または3割
 

 申請により負担割合が変更になる場合があります。
 詳しくはダウンロードリンクの「負担割合が申請により変更になる場合」を参照ください。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 国民健康保険課 国保係
電話番号:0270-27-2735 ファクス番号:0270-21-4840
メールアドレス:kokuho@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ