このページの本文へ移動

トップページ くらし 医療・福祉 健康啓発 熱中症に注意しましょう

熱中症に注意しましょう

  • 2017年7月7日更新

暑そうにしている人の絵

熱中症は、気温の高い日や梅雨の晴れ間、湿度の高い蒸し暑い日に発生しています。暑さに体が慣れていない5月頃から発生し、特に7月から8月は気温が上昇し、熱中症の発症がピークになります。
熱中症は適切に予防をすれば防ぐことができます。一人ひとりが熱中症について知り、自分の体調の変化に気をつけて、暑い夏を元気に過ごしましょう。

熱中症とは

熱中症は気温や直射日光だけでなく、湿度が高い、風が弱いなどの環境条件と、暑さに慣れていないなどの体調による影響が重なると起こります。
特に暑さやのどの渇きを感じにくくなる高齢者や体温調整機能が未熟な乳幼児、また皮下脂肪が多いと熱がこもりやすいので肥満の人も注意が必要です。

症状

次のような症状があったら、熱中症の可能性がありますので注意してください。いくつかの症状が重なって起こることもあります。

  • 軽症:めまい、立ちくらみ、筋肉痛、筋肉のこわばりなど
  • 中等症:頭痛、吐き気、嘔吐、身体のだるさ、虚脱感など
  • 重症:意識がない、けいれん、高い体温、呼びかけに対し返事がおかしい、もうろうとする(意識障害)など

原因

  • 水分や塩分の不足
  • 高温多湿の環境
  • 体調不良や睡眠不足

予防のポイント

熱中症の予防には、「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。

熱中症になりやすい条件を知る

  • 高温多湿、無風、強い日差し
  • 暑さに慣れていない人、睡眠不足の人、体調不良の人、高齢者、子ども

 外出時の注意

  • 外出や屋外での作業は、早朝や夕方に(暑い日、暑い時間帯は避ける)
  • 帽子や日傘などで直射日光をさえぎる
  • 通気性や吸水性のよい衣服を着る

水分をこまめに補給

  • のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給をする
  • 運動や作業が長時間になる場合は、経口補水液やスポーツドリンクなど塩分の入ったものを飲む

直射日光を防ぐ

  • 室内では、窓にすだれや遮光カーテンなどをかける
  • 屋外では、帽子や日傘を利用する

住居の風通しをよくする

  • 窓を開け、空気の流れを作る
  • 窓を閉め切る場合は、冷やしすぎない程度にエアコンを利用する
  • こまめに室温を確認する

熱中症になってしまった人がいたら

  • 涼しい場所へ移動させる
  • 衣服をゆるめ、体を冷やす
  • 水分と塩分を補給させる
  • 症状が改善しない場合は、医療機関に連れて行く

(注)自力で水が飲めない場合や、意識がない場合は直ちに救急車を呼んでください。

注意していただきたいこと

暑さの感じ方は人によって異なります

  • 体調や暑さに対する慣れなどの影響により、暑さに対する抵抗力(感受性)は個人によって異なります。
  • 自分の体調の変化に気をつけ、暑さの抵抗力に合わせて、万全の予防を心がけましょう。

高齢者は特に注意が必要です

  • 熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対するからだの調整機能も低下しています。
  • のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分補給をしたり、熱さを感じなくても扇風機やエアコンを使って温度調節をするように心がけましょう。

周囲の人にも気を配り、熱中症予防を呼びかけ合うことが大切です

  • 一人ひとりが熱中症予防の正しい知識を持って、周囲の人に気を配り、熱中症予防を呼びかけ合うことで、熱中症の発生を防ぐことができます。
  • 特に熱中症にかかりやすい高齢者、障害児・障害者や子どもについては、周囲が協力して注意深く見守るようにしましょう。

節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください

  • 気温が高い日や湿度の高い日には、決して無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを利用するようにしましょう。

熱中症に関するリンク

熱中症に関する情報は、以下の関連リンクをご覧ください。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 健康づくり課
電話番号:0270-27-2746 ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:kenkouzukuri@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ