このページの本文へ移動

トップページ くらし 住まい・生活 水道 水道工事の申し込み(新築・増改築等)

トップページ 市政情報 水道局 使用者の方へ 水道工事の申し込み(新築・増改築等)

水道工事の申し込み(新築・増改築等)

  • 2014年4月1日更新

水道工事から使用できるまでの流れ

  住宅・店舗・アパート等の新築・建替・修繕などの水道工事を行う場合は、必ず指定工事業者(市指定の給水装置工事事業者)に依頼してください。指定工事業者でなければ水道工事を行うことができません。
 依頼を受けた指定工事業者は水道工事に関する手続きを行い、水道局の審査を経て工事を行います。

(注)指定工事業者については関連リンクをご覧ください。
 

 水道の申込から使用できるまでのながれ

 加入金・手数料

径別給水装置工事手数料および加入金一覧
 口径  給水装置工事手数料  加入金(消費税込)  消費税
13mm  15,000円 54,000円  4,000円
20mm  15,000円  129,600円  9,600円
25mm  15,000円  216,000円  16,000円
30mm 30,000円  432,000円  32,000円
40mm 30,000円  648,000円  48,000円
50mm 30,000円  1,080,000円  80,000円
75mm 30,000円  3,240,000円  240,000円
100mm  60,000円  4,320,000円  320,000円
150mm  60,000円  9,720,000円  720,000円
メーター口径を変更しない場合(改造工事)

 口径  給水装置工事手数料  加入金(消費税込) 消費税 
 25mm以下  10,000円  -  -
 25mm超  20,000円  -  -
 その他  5,000円  -  -

 口径変更の場合

 口径  給水装置工事手数料  加入金(消費税込)  消費税
 13mmから20mmに変更  15,000円  75,600円  5,600円
 13mmから25mmに変更 15,000円  162,000円  12,000円
 20mmから25mmに変更 15,000円  86,400円  6,400円

 

3階建て以上の建物の直結給水方式

 伊勢崎市では、配水管(本管)の整備が進んだことにより、平成14年4月1日から直結直圧方式で3階建て建物まで給水可能になり、さらに平成19年4月1日からは増圧ポンプによる直結増圧式給水で10階建て程度の建物まで給水可能になりました。どちらの場合も、基準が制定されており水道局と協議が必要になりますので、設計に着手する前に水道局給水課(給水係)または、指定給水装置工事事業者にお問い合わせください。

 貯水槽(受水槽・高置水槽)の設置が不要になり、次のようなメリットがあります。

  • 配水管(本管)から新鮮な水が供給されます。
  • 貯水槽の清掃や保守管理が不要です。
  • 貯水槽設置スペースが有効利用できます。

 なお、災害時や断水時には水が使えなくなるので、水を常時必要とする建物には向きません。

配水管・給水管の布設状況のお問い合わせについて

 配水管・給水管の布設状況については、メール、ファクス、電話でのお問い合わせは受け付けておりません。お手数ですが給水課窓口にてご確認ください。

ダウンロード

関連リンク

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

水道局 給水課
電話番号:0270-30-1230 ファクス番号:0270-21-1101
メールアドレス:sui-kyusui@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ