このページの本文へ移動

ごみステーション設置の手順

  • 2013年9月26日更新

 伊勢崎市のごみステーションは各行政区が管理を行っています。
 そのため、行政区は新規住宅(集合住宅・分譲住宅)の建築や住宅用地に供する土地分譲の造成を行った結果、入居者が出す新たなごみ量と周辺のごみステーションが有する許容量を照し合わせ、ごみステーションの設置について判断することが必要となります。

 新規住宅(集合住宅・分譲住宅)の建築や住宅用地に供する土地分譲の造成を行う場合は、下記の手順に基づき、ごみステーションの設置を決めてください。

  1. 行政区との協議
  2. 市の現地調査と回答
     設置
  3. 環境指導員への収集開始依頼
     収集開始
  4. ごみステーションの管理

1 行政区との協議

 ごみステーションの設置を希望する人は、市から委嘱された環境指導員を中心とした行政区役員と協議をして、ごみステーションの設置を決めてください。

   環境指導員の連絡先は環境政策課へお問い合わせください。

2 市の現地調査と回答

 行政区と協議した結果、ごみステーションの設置が決まった場合、市はその設置状況がごみ収集に適しているか総合的に判断し希望者と行政区へ調査結果を回答します。
(注)市が収集できないと判断した場合、再度、行政区との協議が必要になります。

3 環境指導員への収集開始依頼

 ごみステーションの収集は開始日の2週間前までに、環境指導員へ依頼をしてください。

4 ごみステーションの管理

新設されたごみステーションは、行政区(利用する住民)が管理を行うことになります。

集合住宅を所有している人

 集合住宅で入居者専用のごみステーションとして設置する場合、その管理については、入居者または管理会社などへ移管することができます。
 

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
電話番号:0270-27-2732 ファクス番号:0270-24-5253
メールアドレス:kankyou@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ