このページの本文へ移動

薪ストーブなどを使用した際に発生した灰の取り扱い

  • 2017年9月14日更新

 東日本大震災に伴う原子力発電所事故の影響で、薪ストーブなどを使用した際に発生する灰から高濃度の放射性セシウムが検出されるという例が報告されました。
 一般家庭で薪ストーブなどを使用した際に発生した灰の処分でお困りの人は、清掃リサイクルセンター21への持ち込みに限り無料で受け入れ処理します。
 なお、ごみステーションへは出せませんので注意してください。

持ち込み方法

 ビニール袋を二重にして灰を入れ、口をしっかり縛ってください。
 住所確認ができるものを持参してください。(免許証など)

対象

 一般家庭で薪ストーブなどを使用して発生した灰に限ります。
 (注)事業所などや家庭ごみを燃やした灰は受け入れません。
 (注)赤堀地区の人は桐生市清掃センターでも受け入れできます。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課 清掃リサイクルセンター21
電話番号:0270-32-3166 ファクス番号:0270-32-3068
メールアドレス:seisou-c@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ