このページの本文へ移動

水道の災害対策

  • 2013年2月1日更新

 「天災は、忘れた頃にやって来る」と言われますが、災害は予測が難しく、特に地震はその典型的なものです。
 伊勢崎市内で地震が発生し、水道の問題が起きた場合には、飲料水を得ることができない被災地区に対し応急的に水の供給を行ったり、早急に通常通り水道が使用できるように対策を進めています。

応急給水施設

応急給水施設の所在地一覧
名称 所在地 1日の応急給水量
竜宮浄水場  宮子町3069番地  10,600立方メートル 
広瀬浄水場  上泉町506番地  12,000立方メートル 
書上浄水場  三和町1515番地  16,100立方メートル 
境下武士浄水場  境下武士262番地1  6,000立方メートル 
あずま浄水場  国定町二丁目1515番地  9,320立方メートル 
赤堀西久保配水場  西久保町二丁目227番地1  5,100立方メートル 
境ふちな配水場  境上渕名215番地  5,640立方メートル 
豊城水源地  豊城町2398番地  500立方メートル 
柴水源地  柴町275番地  1,150立方メートル 
堤西水源地  堤西町1番地  400立方メートル 
いせさき市民のもり
公園給水場
(耐震性非常用貯水槽) 
山王町2663番地
市民のもり公園内 
100立方メートル 

 全ての施設に、非常用発電機が備え付けてあります。

 各施設の位置は、「災害時の地域給水拠点」をご覧ください。
     災害時の地域給水拠点(79KB)(PDF文書)

自動給水分配装置

自動給水分配装置の写真

 もし災害により断水になった場合、自動給水分配装置を使用し、水を袋詰めして配布します。

自動給水分配装置の特徴
  • 緊急時にいちはやく対応
  • 被災者全員に公平な給水が可能
  • 水容器不要
  • あらゆる条件下の場所に対応
  • 無駄なく給水

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

水道局 総務課
電話番号:0270-30-1230 ファクス番号:0270-21-1101
メールアドレス:sui-soumu@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ