このページの本文へ移動

「はかり」の定期検査

  • 2017年5月16日更新

取引・証明に使用する「はかり」は定期検査が必要です

取引や証明で使用する「はかり」は、その正確さが厳しく求められます。そこで計量法により、「はかり」を取引・証明に使用するときは、次のことが決められています。

  • 検定証印または基準適合証印の付いた「はかり」を使用すること
  • 2年に1度定期検査を受検すること

市内事業所などで、取引・証明に「はかり」を使用している人は、市が実施する定期検査を2年に1度受検してください。

実施区域

伊勢崎市が行う定期検査は、実施区域を偶数年度と奇数年度に分け、指定定期検査機関一般社団法人群馬県計量協会への委託により実施しています。

  • 偶数年度の実施区域=殖蓮・茂呂・三郷・赤堀・東・境地区および今泉町二丁目
  • 奇数年度の実施区域=北・南・宮郷・名和・豊受地区

(注)町名別の実施区域は、ページ最下部のダウンロード欄「定期検査実施区域(町名別)」をご覧ください。

定期検査の日程・会場

日程・会場
実施期日 実施時間 実施場所
平成29年6月14日(水曜日) 午前10時~午後3時 北公民館
平成29年6月15日(木曜日) 午前10時~午後3時 北公民館
平成29年6月16日(金曜日) 午前10時~午後3時 北公民館
平成29年6月20日(火曜日) 午前10時~午後3時 名和公民館
平成29年6月21日(水曜日) 午前10時~午後3時 豊受公民館
平成29年6月22日(木曜日) 午前10時~午後3時 宮郷公民館

定期検査の受検が義務付けられている「はかり」の具体例

  • 商店、工場などで取引に使用するはかり
  • 病院、学校、保育所・保育園、幼稚園などでの体重測定で、その測定値を外部に表明する体重計
  • 病院、薬局、診療所などで薬の調剤に使用するはかり
  • 観光農園などで料金の基となる商品を計量するはかり
  • 貴金属店、リサイクルショップなどで重量取引する際に使用するはかり
  • 回収業などで料金の基となる回収物を計量するはかり
  • その他取引・証明に使用するはかり

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

消費生活センター
電話番号:0270-20-7300 ファクス番号:0270-20-7302
メールアドレス:seikatu-c@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ