このページの本文へ移動

郷土の人物

  • 2017年9月26日更新

金井 烏洲 (かない うじゅう)

かないうじゅう日本画家(1796年~1857年)

江戸時代後期の南宋画家。烏洲は号で、名は時敏。来遊した春木南湖に就いて画を学び、その後江戸に出て、谷文晁を師友とした。関東南画家の一人として名を成した。上野国白井双林寺、前橋龍海院などの大画面障壁画も製作した。 

中島 徳蔵 (なかじま とくぞう)

なかじまとくぞう 物理学者(1864年~1940年)

明治27年東京帝国大学哲学科卒業後、東京工業学校(現東京工業大学)、鶴見学園大学などの道徳・哲学・倫理学の教壇に立ち、後に哲学館(現東洋大学)の学長・教授を務め、日本における倫理学の第一人者となった。

町田 佳聲 (まちだ かしょう)

まちだかしょう民謡研究家(1888年~1981年)

大学在学中より三味線音楽を習得。独学で五線譜による採譜を試みた。全国各地の民謡を録音・採取して歩き「日本民謡大観」(全9巻)を編集した。日本初のCMソング「ちゃっきり節」や「カラリコ節」の作曲者。

鈴木 惣太郎 (すずき そうたろう)

すずきそうたろう野球評論家(1890年~1982年)

日本初のプロ野球チームの創設に尽力し、「プロ野球の父」と言われる。正力松太郎と共に日本のプロ野球創立や日米野球の交流に尽力。昭和44年に野球殿堂入りを果たす。元日本野球連盟理事長。

大木 雄二 (おおき ゆうじ)

おおきゆうじ児童文学者 本名 雄三(1895年~1963年)

小学校の教師になるものの、児童文学を棄てきれず、20歳の時上京し童話作家の道を目指した。若いころは、生活のために児童雑誌の編集に携わる。40歳後半からは伝記も書いた。敗戦後、焦土の子どもたちに希望と安らぎを与えるために、数多くの童話を執筆した。自伝に「童話を書いて四十年」(伊勢崎市図書館所蔵)がある。

礒部 草丘 (いそべ そうきゅう)

いそべそうきゅう日本画家(1897年~1967年)

旧制前橋中学卒業後に上京し、日本画の巨匠・川合玉堂に入門。中央画壇で活躍する。俳人、漢詩人としての異才も発揮。東京の目黒雅叙園にたくさんの作品が残されている。 

森村 酉三 (もりむら とりぞう)

もりむらとりぞう鋳金工芸家(1897年~1949年)

鋳造美術家として海外でも高い評価を受けている。昭和11年、観光地化のため高崎市に建立された、微笑みを見せる美顔の観音像「白衣大観音」の原型も手がけた。 

横堀 眞太郎 (よこぼり しんたろう)

よこぼりしんたろう童謡作家(1902年~1976年)

小学校などで教鞭を採る傍ら「赤木ゆたか」のペンネームで作詞・作曲を併せ1500以上の作品を残す。代表作は「花の幌馬車」(作曲)「鈴つけお馬」(作詞)など。68年には県文化功労賞を受賞した。 

横堀 恒子 (よこぼり つねこ)

よこぼりつねこ作詞家(1907年~1972年)

夫の眞太郎の作曲による「花の幌馬車」を代表曲に、町田佳聲作曲「機場むすめ」など28曲のレコード作品を残す。また作詞活動以外にも三郷村の女性村会議員の第一号として、幅広い活躍をした。

田島 弥太郎 (たじま やたろう)

たじまやたろう遺伝学者・農学博士(1913年~2009年)

元国立遺伝学研究所長、県立「日本絹の里」初代館長(平成10年3月1日年から平成17年3月31日)。蚕を使った遺伝学とその関連分野の研究を一貫して続けている。また環境に存在する化学物質の遺伝的影響をいち早く認識し、日本環境変異原学会を創設し、自ら初代会長を務めた。

昭和 こいる (しょうわ こいる)

漫才師(1944年~)

昭和のいる・こいるのコンビで活躍する。軽快な口調が特徴で「しょうがねぇ、しょうがねぇ」などのネタで人気を博す。NHK漫才コンクール最優秀賞、平成12年度第17回浅草芸能大賞奨励賞などを受賞。

神谷 郁代(かみや いくよ)

ピアニスト(1946年~)

8歳よりピアノを始め、高校卒業後ドイツに留学。小澤征爾など著名指揮者達と演奏活動を行う。ベートーベン「熱情ソナタ」は、米国内で2万枚以上の売り上げを記録。昭和63年度芸術祭賞受賞。

あだち 充(あだち みつる)

漫画家(1951年~)

高校在学中から専門誌に投稿を重ね、卒業後は兄で漫画家のあだち勉に連れられて上京。少年誌上で「タッチ」を連載し、爆発的な人気を得る。他の代表作としては「H2(エイチ・ツー)」「みゆき」など。昭和58年小学館漫画賞受賞。

このページに関するお問い合わせ

経済部 文化観光課
電話番号:0270-27-2758(文化振興係),2759(観光係) ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:kankou@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ