このページの本文へ移動

在外投票制度

  • 2017年10月4日更新

海外にお住まいの18歳以上の日本国民が、海外から投票できる制度です。国政選挙の、衆議院議員、参議院議員の選挙区選挙・比例代表選挙を行うことができます。

ただし、同地域に3ヶ月以上滞在し、滞在国の区域を管轄する在外公館(大使館や総領事館)で、在外選挙人名簿の登録申請をする必要があります。登録をすると、投票する際に必要な「在外選挙人証」が所定の市区町村選挙管理委員会から在外公館を通して交付されます。

在外選挙人名簿の登録

本人または登録申請者の同居家族等(在留届によってとどけられている同居家族等)が住所を所管する在外公館(大使館や総領事館など)に行き、申請してください。

必要な物

本人による届出の場合

  • 登録申請書(在外公館にあります)
  • 旅券等本人確認のための書類
  • 在外公館の管轄区域内に引き続き3ヶ月以上滞在していることを証明する書類

同居家族等による申請の場合

  • 登録申請書(在外公館にあります。本人の署名が必要)
  • 申出書(在外公館にあります。本人の署名が必要)
  • 登録申請者本人の旅券
  • 登録申請者本人に代わって登録申請を行う人自身の旅券
  • 登録申請者本人が在外公館の管轄区域内に引き続き3ヶ月以上滞在していることを証明する書類

海外での投票

  • 在外公館投票 投票記載場所を設置している在外公館(大使館や総領事館)で投票することができます。
  • 郵便投票 登録地の選挙管理委員会に投票用紙等を請求して、送付を受け、投票用紙に記入して郵送により登録地の選挙管理委員会に送付します。

日本国内での投票(一時帰国など)

  • 投票日当日の投票 登録地の市区町村選挙管理委員会が指定する投票所において、在外選挙人証を提示して、投票します。
  • 期日前投票 登録地の市区町村選挙管理委員会が指定する期日前投票所において、在外選挙人証を提示して、投票します。
  • 不在者投票 登録地以外の市区町村選挙管理委員会で不在者投票ができます。登録地の選挙管理委員会に事前に投票用紙等の申請が必要になります。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

選挙管理委員会 選挙課
電話番号:0270-27-2781 ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:senkyo@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ