このページの本文へ移動

不妊治療費の助成

  • 2016年4月1日更新

 不妊治療を行っているご夫婦の負担を軽減するため、不妊治療に要する医療費の一部を助成します。

 対象となる治療

  • 診察
  • 検査(頸管粘膜検査等)
  • 処置(卵管通気検査・子宮卵管造影検査・腹腔鏡検査等)
  • ホルモン治療
  • 人工授精・体外受精・顕微授精
  • その他医師が認めた不妊治療(ただし申請に係わる文書作成料等は助成対象外とします)

助成対象者

 次の全ての要件に該当する人

  • 医師による不妊治療を行っている法律上の婚姻関係にある夫婦。
  • 夫婦の双方またはいずれか一方が伊勢崎市に居住し、申請日の1年以上前から引き続き住民票がある。
  • 医療保険法における医療保険に加入している。
  • 申請日において、伊勢崎市の市税および国民健康保険税に滞納がない。
  • 他の地方公共団体から同一の不妊治療に対し同種の補助(群馬県の助成を除く)を受けていない。

助成内容

  • 助成金の申請は、1年度(4月1日から翌年3月31日まで)あたり1回に限ります。
  • 同一夫婦について、通算3回を限度とします。  

助成額

 不妊治療に要した医療費の自己負担額の2分の1とし、10万円を超える場合は10万円を限度とします。(千円未満切捨て)

 ただし、群馬県不妊に悩む人への特定治療支援事業(下記関連情報を参照)に該当する場合は、対象医療費総額から県の助成額を差し引いた額の2分の1を助成対象額とし、上限額を10万円とします。
(注)先に群馬県への申請を済ませてください。

 助成金の交付・不交付については後日決定通知書でお知らせします。 

申請期間

 不妊治療をした年度の3月31日までに申請してください。(平成28年4月1日から平成29年3月31日までに受けた治療は、平成29年3月31日までに申請)

(注)年度末にかけて大変混み合います。治療が終了した人は速やかに申請をしてください。医療機関によっては受診証明書の交付について事前に予約が必要な場合や、交付までに数週間を要する場合があります。早めに医療機関にご確認ください。

申請に必要な書類

  1. 不妊治療費助成金交付申請書(様式第1号)(下部ダウンロード参照)
  2. 添付書類
  • 不妊治療費助成金医療機関受診証明書(様式第3号) (下部ダウンロード参照)
  • 医療保険証の写し(夫婦それぞれのもの)
  • 市税および国民保険税に滞納がないことの証明書(完納証明書)(夫婦それぞれのもので、おおむね1か月以内のもの)
  • 不妊治療費の領収書(原本) 
  • 群馬県特定治療支援事業承認決定通知書(対象者のみ)
  • 夫婦の住所が異なる場合は、市外の人の住所を確認する書類と婚姻関係を証明する書類(戸籍謄本)(おおむね1 か月以内のもの)

 3.その他

 申請時、請求書に記入押印していただきますので、振込先の通帳と申請書に押印した印鑑(夫婦それぞれ別の印鑑)をお持ちください。
 

申請受付・問い合わせ窓口

受付時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)

名称 住所 電話番号
健康管理センター 伊勢崎市連取町1155番地 0270-23-6675
赤堀保健福祉センター 伊勢崎市西久保町二丁目123番地1 0270-20-2210
あずま保健センター 伊勢崎市東町2670番地4 0270-62-9918
境保健センター 伊勢崎市境637番地 0270-74-1363
健康づくり課 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 0270-27-2746

 

 関連情報

    群馬県不妊に悩む方への特定治療支援事業(外部サイトに移動します)
    群馬県不妊専門相談センター(外部サイトに移動します)

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 健康づくり課
電話番号:0270-27-2746 ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:kenkouzukuri@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ