このページの本文へ移動

離婚の際に称していた氏を称する届

  • 2015年6月12日更新

 離婚をすると、原則的には婚姻前の氏(旧姓)に戻りますが、希望があれば離婚をした後でも婚姻中の氏をそのまま名乗ることができます。
 そのためには、「離婚の際に称していた氏を称する届」を出す必要があります。
 ただし、この届出後に婚姻前の氏(旧姓)へ変更しようとするときには家庭裁判所の許可が必要になりますので、提出する際は注意をしてください。

届出用紙は市民課、各支所住民福祉課で配布しております。

届出期間

 離婚届と同時、もしくは離婚日から3ヶ月以内。

届出をする方

 本人

届出場所・時間

 本人の住所地または本籍地

伊勢崎市で手続きをする場合は以下の通りです。

市民課(市役所本館1階 2番窓口)
  • 月曜日から金曜日まで=午前8時30分~午後5時15分
  • 日曜日=午前9時~午後5時(お預かりのみ)
    上記時間外は当直室で届出をお預かりします。
各支所住民福祉課
  • 月曜日から金曜日まで=午前8時30分~午後5時15分
  • 土曜日・日曜日=午前8時30分~午後5時15分(お預かりのみ)

(注)手続きに30分以上お時間をいただく場合があります。時間に余裕をもってお越しください。

必要なもの
  • 届出用紙
  • 印鑑

ダウンロード

関連リンク

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民課 戸籍係
電話番号:0270-27-2726 ファクス番号:0270-24-9666
メールアドレス:simin@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ