このページの本文へ移動

在宅緩和ケア支援

  • 2016年10月27日更新

特殊寝台等貸与支援

 要介護認定申請後、福祉用具(特定の種類)の暫定利用をしたが、介護保険の認定調査前に死亡してしまい、認定にいたらなかった場合、福祉用具レンタル費用の介護給付相当分を助成します。

支給条件

  • 介護保険の認定調査前に死亡したこと。
  • がん末期であること(医師の医学的知見に基づき、回復の見込みがないと判断された人)。

申請できる人

 本人の家族またはケアマネジャー

必要な物

  • レンタルした福祉用具の領収書
  • がん末期であることが確認できる書類または市様式(在宅緩和ケア支援事業意見書)
    (注)申請書などは下部よりダウンロードできます。

申請場所

 介護保険課(市役所本館1階 5番窓口)、各支所住民福祉課

在宅緩和ケア助成金支給

 がん末期の人を家族が在宅で介護した場合、被保険者1人につき、一律3万円を助成します。支給は被保険者1人につき、1回限りです。

支給条件

  • 要支援または要介護認定の有効期間中、もしくは要支援・要介護認定申請中の人
  • 在宅介護の期間があるがん末期の人

申請できる人

 本人、本人の家族またはケアマネジャー

必要な物

  • がん末期であることが確認できる書類または市様式(市在宅緩和ケア支援事業意見書)
    (注)申請書などは下部よりダウンロードできます。

申請場所

 介護保険課(市役所本館1階 5番窓口)、各支所住民福祉課

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

長寿社会部 介護保険課
電話番号:0270-27-2742(保険料係),2743(給付係),2744(認定係) ファクス番号:0270-21-4840
メールアドレス:kaigo@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ