このページの本文へ移動

トップページ くらし 医療・福祉 福祉医療制度 ジェネリック医薬品の利用

トップページ くらし 保険・年金 国民健康保険 ジェネリック医薬品の利用

ジェネリック医薬品の利用

  • 2015年10月19日更新

 国民健康保険制度や福祉医療制度では、皆さんが安心して医療を受けられる制度を維持していくため、医療費の増加を抑制することが急務となっています。そこで市では国民健康保険制度・福祉医療制度加入者の皆さんに、先発医薬品より安価なジェネリック医薬品の利用をお願いしています。
 

ジェネリック医薬品とは

 ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許が切れた後に発売される薬で、先発医薬品と同じ有効成分をもっています。
 特許期間が切れていない先発医薬品には、ジェネリック医薬品がありません。 

ジェネリック医薬品の特徴

 先発医薬品より安価で、医薬品代を節約できます。

  • 特に高血圧症、脂質異常症、糖尿病など、薬の服用が長期にわたる慢性疾患の人に対して、医薬品代の節約が見込めます。
    品質、有効性、安全性は、先発医薬品と同等です。
  • ジェネリック医薬品が先発医薬品と同等の品質・有効性・安全性を有するかどうかについては、ジェネリック医薬品の使用実績のある欧米と同じ基準で、国が審査を行っています。

(注)薬の形、色や味は、先発医薬品と異なる場合があります。 

ジェネリック医薬品を処方してもらうには

 まずは医師に、ジェネリック医薬品に変えられるか相談してください。
 ジェネリック医薬品に変更できる処方せんをもらったら、薬局へ処方せんを持って行き、どのようなジェネリック医薬品に変更できるのか、薬剤師に相談してください。

(注)すべての薬に対して、ジェネリック医薬品があるわけではありません。
(注)症状や病状などにより先発医薬品が適切だと医師が判断した場合も変更できません。

ジェネリック医薬品を希望する人へ

 市では、医療機関や薬局の窓口でジェネリック医薬品の希望を意思表示することができるシールやカードを配布しています。 
 国民健康保険課、年金医療課、各支所住民福祉課の窓口に置いてありますので、お気軽にお持ちください。
 

問い合わせ

国民健康保険に関すること

 国民健康保険課 電話 0270-27-2735

福祉医療制度に関すること

 年金医療課 電話 0270-27-2740

ジェネリック医薬品についてもっと詳しく知りたい

 下記の関連サイトをご覧ください

    厚生労働省ホームページ(外部リンクに移動します)
    政府広報オンライン(外部リンクに移動します)
 

ダウンロード

関連リンク

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 国民健康保険課 国保係
電話番号:0270-27-2735 ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:kokuho@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ