このページの本文へ移動

お富士山古墳所在長持形石棺

  • 2016年7月7日更新

石棺

 長持形石棺は古墳の後円部に置かれる。砂岩製で、全長285センチメートル、幅121センチメートル、重さ6.8トン。長持形石棺は5世紀に畿内の大型前方後円墳にみられ、県内ではお富士山古墳と太田市の天神山古墳で確認されているだけである。形態や制作技法が畿内の石棺と共通し、畿内の工人が東国へ派遣されて製作したと考えられている。
 

概要

名称

 お富士山古墳所在長持形石棺(おふじやまこふんしょざいながもちがたせっかん)

指定年月日

 平成13年3月23日

指定区分

 県指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市安堀町799(富士神社)

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ