このページの本文へ移動

黒羽根内科医院旧館

  • 2016年7月8日更新

黒羽根内科医院旧館(市指定文化財)

 この建物は、伊勢崎藩医であった今村家が明治45年(1912年)に建てた、現存する県内最古の2階建て洋風医院建築で、和洋折衷の造りが特徴的である。その後昭和22年頃には黒羽根内科医院となり、平成14年(2002年)に市に寄贈。同年11月に現在地に曳き家移転された。平成17年度に愛称が公募され「いせさき明治館」と呼ばれる。
 

概要

名称

 黒羽根内科医院旧館(くろばねないかいいんきゅうかん)

指定年月日

 平成14年9月30日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市曲輪町31-4

地図情報


関連リンク

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ