このページの本文へ移動

柴町八幡神社社殿

  • 2016年7月8日更新

柴町八幡神社社殿

 八幡神社は、慶長18年(1613年)に那波城主酒井忠世が建立したと伝えられる。社殿は、拝殿、幣殿、本殿からなり、本殿は一間社流造で延宝7年(1679年)まで遡る可能性がある。天明3年(1783年)の浅間山噴火による泥流被害や利根川の洪水被害により、天保6年(1835年)に現在地へ遷座された。
 

概要

名称

 柴町八幡神社社殿(しばまちはちまんじんじゃしゃでん)

指定年月日

 平成16年11月30日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市柴町693

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ