このページの本文へ移動

下植木赤城神社石造美術群

  • 2016年7月1日更新

下植木赤城神社石造美術群

 境内に鎌倉から室町時代にかけての石造塔婆類が十数点あった。現在は屋舎内にまとめている。中央の宝塔2基と左側の石幢1基が県指定である。「赤城塔」はこの地方の特色を示す宝塔で、観応2年(1351年)の宝塔が古く、貞治5年(1366年)の宝塔は他に類のない形式である。延徳2年(1490年)の石幢は、竿部に輪廻車がつき、地蔵に勝軍地蔵あるいは延命地蔵の1体を加え、7地蔵としたものである。
 

概要

名称

 下植木赤城神社石造美術群(しもうえきあかぎじんじゃせきぞうびじゅつぐん)

指定年月日

 昭和35年3月23日

指定区分

 県指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市宮前町1582

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ