このページの本文へ移動

新宿の変型板碑

  • 2016年7月8日更新

新宿の変型板碑

 塔身の高さは93センチメートルで、頂部は山形を呈し、縁部に約4センチメートルの縁取りが施される。塔身の中央に大きく胎蔵界の大日如来を表わす種子と、円形に近い蓮実を中心として蓮弁を左右対称に蓮座が刻まれる。その下部には四行の銘文が刻まれ、明応2年(1493年)に建てられたことがわかる。この時期の板碑として、大日如来を刻むのは珍しい。
 

概要

名称

 新宿の変型板碑(あらじゅくのへんけいいたび)

指定年月日

 昭和48年3月5日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市波志江町1410

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ