このページの本文へ移動

伊勢崎河岸の石灯籠

  • 2016年7月7日更新

伊勢崎河岸の石灯籠

 伊勢崎河岸は市街地の西方を北から南に流下する広瀬川に寛文年中(17世紀後半)に設置された。この灯籠は文政2年(1819年)、船問屋武孫右衛門、荷主瀬川太兵衛が願主となり、近郷近在の荷主を募って建立した。広瀬川を行き来する舟の安全と商売繁盛を願った。昭和47年(1972年)11月現在位置に移転された。
 

概要

名称

 伊勢崎河岸の石灯籠(いせさきかしのいしどうろう)

指定年月日

 昭和42年2月15日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市三光町13-13

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ