このページの本文へ移動

上蓮の阿弥陀・地蔵石仏

  • 2016年7月8日更新

上蓮の阿弥陀・地蔵石仏

 この石仏は、榛名山の角閃石安山岩が使われ、母岩の底部を造り出して台座とし、他の部分を光背に用いる。中央に弥陀の定印を結ぶ阿弥陀如来像が蓮座に坐し、右上方に地蔵菩薩像、右下方に合掌する男女の俗体像と、一つの石に仏俗四体を彫ったもので大変珍しい構図である。形式から室町中期(15世紀前半)と考えられる。
 

概要

名称

 上蓮の阿弥陀・地蔵石仏(かみはすのあみだ・じぞうせきぶつ)

指定年月日

 昭和48年3月5日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市上蓮町20

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ