このページの本文へ移動

教民要旨の碑

  • 2016年7月7日更新

教民要旨の碑

 この碑は、伊勢崎藩の郷学の一つである茂呂の遜親(そんしん)堂に建てられた。「教民要旨」とは、儒教における理想の社会を示したもので、藩の教育理念とした。藩の家老関重嶷と磯田邦光の撰文になり、文化期の各郷学に下賜された。碑文は関重嶷の名を欠く。文末に「上野国佐位郡茂呂村庶民建」とあるように、文化11年(1814年)2月に村民によって建てられた。
 

概要

名称

 教民要旨の碑(きょうみんようしのひ)

指定年月日

 昭和41年4月12日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市茂呂町二丁目2169-1(茂呂小学校)

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ