このページの本文へ移動

波志江権現山の磨崖種子

  • 2016年7月8日更新

波志江権現山の磨崖種子

 この磨崖種子は、もと権現山の頂上に露出していた安山岩の大岩に種子(梵字)および蓮座を刻んだものである。種子は「バイ」と読み多聞天(毘沙門天)を表すが、多聞天が単独で表現されるのは非常に珍しい。彫りの手法が薬研(やげん)彫りであることなどから南北朝時代初期(14世紀中頃)と推定される。
 

概要

名称

 波志江権現山の磨崖種子(はしえごんげんやまのまがいしゅじ)

指定年月日

 昭和59年11月29日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市波志江町2237-6(青少年育成センター)

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ