このページの本文へ移動

八寸権現山の宝塔

  • 2016年7月7日更新

八寸権現山の宝塔

 この宝塔は、塔身部が壷あるいは樽形をし、首部が壷の先のようについている。この形式の宝塔は、赤城山南麓の粕川流域に多く分布し、「赤城塔」と呼ばれる。屋蓋の軒の反り具合や塔身の曲線などにやや古さが認められ、全体の特徴から南北朝時代(14世紀後半)の造立と考えられる。
 

概要

名称

 八寸権現山の宝塔(はちすごんげんやまのほうとう)

指定年月日

 昭和48年3月5日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市豊城町1989-2

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ