このページの本文へ移動

金井烏洲筆 赤壁夜遊図

  • 2016年7月10日更新

金井烏洲筆 赤壁夜遊図

 烏洲は寛政8年(1796年)、境島村の華竹庵万古(ばんこ)(俳人)の次男として生まれた。この図は烏洲56歳の作で、代表作の一つである。これは中国、北宋の詩人・政治家であった蘇東坡(そとうば)が元豊5年(1082年)7月陰暦16日の夜、友人と赤壁で遊んだことを詠った「赤壁賦」を水墨画にしたもので、「前赤壁」とも呼ばれている。烏洲の画技が遺憾無く発揮されている。
 

概要

名称

 金井烏洲筆 赤壁夜遊図(かないうじゅうひつ せきへきやゆうず)

指定年月日

 昭和42年2月10日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市境島村

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ