このページの本文へ移動

金井研香筆 境街糸市繁昌之図

  • 2016年7月8日更新

金井研香筆 境街糸市繁昌之図

 境町中澤氏が慶応2年(1866年)、境島村出身の画家金井烏洲の弟である南画家研香に糸市の繁昌ぶりを描かせ、同年に中澤氏を訪ねた江戸の『江戸繁昌記』の著者寺門静軒(てらかどせいけん)に賛を求めたものである。賛に「洋銀は地に舗きて殆ど水の如し」からは、生糸が盛んに海外へ輸出された様子がうかがえる。
 

概要

名称

 金井研香筆 境街糸市繁昌之図(かないけんこうひつ さかいまちいといちはんじょうのず)

指定年月日

 昭和42年2月10日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市西久保町二丁目98(赤堀歴史民俗資料館)

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ