このページの本文へ移動

絹本著色稲垣平右衛門長茂像附同重宗像

  • 2016年7月8日更新

絹本著色稲垣平右衛門長茂像附同重宗像

 この画幅は、稲垣家伝来の画幅の写しを菩提寺へ納めたもので、箱蓋裏書から嘉永元年(1848年)に七日市藩堤唯右衛門が模写したことがわかる。稲垣長茂は慶長6年(1601年)に勢多郡新川から伊勢崎に入封し一万石の伊勢崎藩主となり、陣屋の建設や町割り、検地や新田開発に努め、伊勢崎発展の礎を築いた。
 

概要

名称

 絹本著色稲垣平右衛門長茂像附同重宗像(けんぽんちゃくしょくいながきへいうえもんながしげぞう つけたり どうしげむねぞう)

指定年月日

 平成8年3月29日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市昭和町1645-1(天増寺)

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ