このページの本文へ移動

宝珠寺の五輪塔

  • 2016年7月8日更新

宝珠寺の五輪塔

 この五輪塔は、総高167センチメートルの凝灰岩製である。藤原秀郷の死後、三男の田原千国が供養のために造立したと伝え、火輪と水輪の間に白蛇がいるなどと古くから怪異伝承が語られてきた。疫(えき)病に際し、この五輪塔に生えた苔を煎じて飲むと治るといわれていた。
 

概要

名称

 宝珠寺の五輪塔(ほうじゅじのごりんとう)

指定年月日

 平成6年4月1日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市赤堀今井町二丁目1344-1

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ