このページの本文へ移動

曼荼羅板碑

  • 2016年7月8日更新

曼荼羅板碑

 この曼荼羅板碑は、南米岡出土と伝える。碑面上半分に曼荼羅が線刻され、その下に永禄8年(1565年)と元亀2年(1571年)の年号と男女二人の法号が刻まれていることから追善供養碑と考えられる。一説には曼荼羅の線刻は永禄年間よりも古く、曼荼羅が線刻されたときの紀年銘を削り取って追刻したものとも考えられている。
 

概要

名称

 曼荼羅板碑(まんだらいたび)

指定年月日

 昭和42年2月10日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市境

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ