このページの本文へ移動

金銅善光寺式三尊仏

  • 2016年7月6日更新

金銅善光寺式三尊仏

 円福寺の金銅善光寺式三尊仏は、既に光背が失われている。やや大きな中尊は高さ48.6センチメートルを測る。眉間に白毫がなく、両手は来迎印を現している。また両脇侍は観音菩薩と勢至菩薩である。中尊の端麗な面相、衣紋(えもん)の流線などは特徴的で、これらの様子から制作は南北朝時代(14世紀後半)と推定される。この三尊仏は明治初年廃寺となった東円寺にあった。
 

概要

名称

 金銅善光寺式三尊仏(こんどうぜんこうじしきさんぞんぶつ)

指定年月日

 昭和43年5月4日

指定区分

 県指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市稲荷町518-3(円福寺)

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ