このページの本文へ移動

米岡の姥石

  • 2016年7月10日更新

米岡の姥石

 「甘酒婆さん」と通称される約1メートルの輝石安山岩の自然石で、新田義貞挙兵の際、小休止の軍勢に甘酒をふるまっていた老婆が武将の馬に蹴られ、死んで石になったという。百日咳を癒すご利益があるとされ、治るとお礼に甘酒を供えた。この姥石周辺から石製模造品が出土していることから、古代の磐座(いわくら)と考えられている。
 

概要

名称

 米岡の姥石(よねおかのうばいし)

指定年月日

 平成16年11月26日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市境米岡230-2

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ