このページの本文へ移動

頼光塚

  • 2016年7月8日更新

頼光塚

 この笠塔婆は鎌倉後期から南北朝期のもので、薄肉彫りの蓮華座に乗る如来が刻まれる。凝灰岩製でみどり市笠懸町天神山産とされる。総高70センチメートルで笠石を欠いている。上部に斜めの割れがあり、次の伝説が伝わる。この塚付近に騎乗の武者が現れ、通行人を脅かした。そこで松島利太夫が武者に一太刀浴びせると武者の影は消え、後には切られた石が残っていたという。
 

概要

名称

 頼光塚(らいこうづか)

指定年月日

 平成14年3月29日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎東小保方町1772-2

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ