このページの本文へ移動

太刀 銘 備州長船実光

  • 2016年7月1日更新

太刀 銘 備州長船実光

 応永9年(1402年)の銘がある太刀で、「応永九年三月 日」、「備前長船實光」と彫られている。長さ71.3センチメートル、反り2.8センチメートル、元幅3センチメートルを測り、先反りの付くところが見所といわれる。備前の刀工実光の太刀であり、同派の作風をよく示し、現存する作刀の少ない実光の作でも優れたものとされる。
 

概要

名称

 太刀 銘 備州長船実光(たち めい びしゅうおさふねさねみつ)

指定年月日

 昭和38年9月4日

指定区分

 県指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市下植木町

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ