このページの本文へ移動

長光寺懸仏

  • 2016年7月7日更新

長光寺懸仏

 懸仏は鏡面に仏像を現したもので、仏が神道の諸神本来の姿とする神仏習合の本地垂迹説に基づき平安から鎌倉・室町時代にかけて神社や寺院に祀られた。御正体ともいわれる。長光寺の懸仏は蓮華座に坐す虚空蔵菩薩像を円鏡板に取り付けた型式であったが、現在、円鏡板は失われている。鎌倉時代の作と考えられ、造像技術も優れ、高さ24センチメートルで、懸仏としては県内最大である。
 

概要

名称

 長光寺懸仏(ちょうこうじかけぼとけ)

指定年月日

 昭和33年3月22日

指定区分

 県指定重要文化財

所在地

 県立歴史博物館

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ