このページの本文へ移動

石山観音の大鰐口

  • 2016年7月8日更新

石山観音の大鰐口

 石山観音は馬の信仰で知られ、近郷近在から人々が馬を連れて参拝し、鰐口を鳴らして馬の無病息災を祈った。この大鰐口は、天明7年(1787年)、191人の寄進者が奉納したもので、製作は佐野(栃木県佐野市)天明鋳物師(てんみょういもじ)新井源七。大きさは直径192.5センチメートルを測り、わが国最大級の作例である。鰐口の銘文から地域社会の信仰の一端を知ることができる。
 

概要

名称

 石山観音の大鰐口(いしやまかんのんのおおわにぐち)

指定年月日

 平成20年2月25日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市下触町4

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ