このページの本文へ移動

刀 銘 直道

  • 2016年7月8日更新

刀 銘 直道

 三品丹後守兼道の6代目直道の作であり、鞘書に「上州伊勢崎打而直刃出来稀而上手也 直道京伏見刀工也 蓋好資也」とある。直道は大阪に生まれ、浜部寿格の門に入り、その後、伊勢崎藩士として迎えられ、晩年は名古屋に住した。この刀は小板目肌つみ、地金は特に見事である直刃で、匂口が冴え、直道作中の優品である。
 

概要

名称

 刀 銘 直道(かたな めい なおみち)

指定年月日

 昭和48年3月5日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市中央町

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ