このページの本文へ移動

高山1号古墳出土埴輪鞆

  • 2016年7月8日更新

高山1号古墳出土埴輪鞆

 鞆(とも)は革製で巴(ともえ)形をしており、矢を射るときに左手首につけ、弓の弦(つる)が腕にあたるのを防ぐために用いる。この埴輪は、昭和52年、高山1号古墳(三和町)の発掘調査で出土し、鞆と台部からなる。完形に近い状態で発見され、県内でも希少な資料である。製作年代は6世紀前半と考えられる。
 

概要

名称

 高山1号古墳出土埴輪鞆(たかやまいちごうこふんしゅつどはにわとも)

指定年月日

 平成8年3月29日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市西久保町二丁目98(赤堀歴史民俗資料館)

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ