このページの本文へ移動

蛇塚古墳出土埴輪馬

  • 2016年7月8日更新

蛇塚古墳出土埴輪馬

 昭和38年、蛇塚古墳(日乃出町)の発掘調査で出土した2体の埴輪馬である。いずれも鼻面(はなづら)を引き、立派な髦(たてがみ)を有し、足の長い均整のとれた雄馬を表現している。この埴輪馬は県内最大級で、当時の製作技術の高さがうかがえる。製作年代は石室や出土遺物から6世紀後半と考えられる。
 

概要

名称

 蛇塚古墳出土埴輪馬(へびづかこふんしゅつど はにわうま)

指定年月日

 平成8年3月29日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市西久保町二丁目98(赤堀歴史民俗資料館)

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ