このページの本文へ移動

石倉文書

  • 2016年7月7日更新

石倉文書

 この文書は、佐波郡玉村町五料の石倉家に伝わり、三光町の相川家が収集した戦国時代の天正6年(1578年)から同8年にかけての史料1巻(6通)である。当地域へ侵攻した武田勝頼や北条氏邦の軍勢が、百姓などへ乱暴狼藉を働くことを禁じた定書などである。このような定書は敵軍の侵攻に先立って取得しておくもので、戦国大名の動向を知ることができる史料である。
 

概要

名称

 石倉文書(いしくらもんじょ)

指定年月日

 平成7年3月24日

指定区分

 県指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市三光町6-10(相川考古館)

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ