このページの本文へ移動

東町福島家文書

  • 2016年7月10日更新

東町福島家文書

 江戸時代、新田郡境村の名主であった福島家に残された古文書である。江戸初期から幕末までの史料は総点数1600点に及ぶ。文禄3年(1594年)水帳(写本)や、近世の貢租史料・5人組帳、文化9年(1812年)以降の名主御用留をはじめ、当時の状況を知る上で貴重な史料が多数ある。
 

概要

名称

 東町福島家文書(あずまちょうふくしまけもんじょ)

指定年月日

 昭和42年2月10日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市境東

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ