このページの本文へ移動

関重嶷著「伊勢崎風土記」ほか2点

  • 2016年7月7日更新

関重嶷著「伊勢崎風土記」ほか2点

 相川家には、伊勢崎藩年寄(家老)関重嶷が著した地誌『伊勢崎風土記』(上下巻)や領内の遺跡の見聞記『古器図説』(上下巻)がある。また、文明元年(1469年)から26年間、東上州を支配した岩松家の動向を世良田長楽寺住職松陰が記した『松蔭私語』(新井白石写本)巻一も伝わる。近世や戦国時代のこの地域を知る史料である。
 

概要

名称

 関重嶷著「伊勢崎風土記」ほか2点(せきしげたかちょ「いせさきふどき」ほかにてん)

指定年月日

 昭和41年4月12日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市三光町6-10(相川考古館)

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ