このページの本文へ移動

東小保方村分間絵図他一括古文書

  • 2016年7月8日更新

東小保方村分間絵図他一括古文書

 東小保方村分間絵図は、1500分の1の縮尺で描いた畳6畳分の大図面で、寛政2年(1790年)の墨書がある木箱に納められている。寛政元年に西小保方村との境界争いが起きて幕府の裁許を得ているが、この絵図はその翌年に作成されたものと思われる。この絵図や文書は旗本久永氏の陣屋役人を勤めていた萩原家に残る。
 

概要

名称

 東小保方村分間絵図他一括古文書(ひがしおぼかたむらぶんけんえずほかいっかつこもんじょ)

指定年月日

 昭和48年2月21日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 群馬県立文書館に寄託中

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ