このページの本文へ移動

漂麦園文集12巻

  • 2016年7月10日更新

漂麦園文集12巻

 境保泉(ほずみ)の儒者鈴木広川による文集である。文政9年(1826年)以降、1年毎に文章や詩文をまとめて1巻とし、天保8年(1837年)まで続く。現在、文政11年と天保8年の2巻を除く10巻が子孫に伝えられている。広川の詩文、当時の文人との交流や郷土の生活などが知られる絶好な史料である。
 

概要

名称

 漂麦園文集12巻(ひょうばくえんぶんしゅうじゅうにかん)

指定年月日

 昭和42年2月10日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市境保泉

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ