このページの本文へ移動

養蚕新論版木

  • 2016年7月10日更新

養蚕新論版木

 『養蚕新論』は明治5年(1872年)、境島村の養蚕家田島弥平が著した養蚕書である。田島弥兵衛・弥平父子が考案した清涼育という飼育法の効用の普及のための実践書であり、近代養蚕法の基礎を築いたと高く評価されている。現在、その版木はすべて田島家に保存されている。
 

概要

名称

 養蚕新論版木(ようさんしんろんはんぎ)

指定年月日

 昭和42年2月10日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市境島村

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ