このページの本文へ移動

連取のマツ

  • 2016年7月7日更新

連取のマツ

 連取町菅原神社の拝殿正面にあるクロマツの老松で、地元では「笠松」と呼ばれる。「老之松(おいのまつ)」として知られ、文化5年(1808年)の刷り物に「太サ八尺余、高さ一丈余、枝二十五、六間四方」あり、俳諧や和歌の題となっていた。今日、樹高5メートル、目通り4メートル、枝張りは東西約35メートル、南北約26メートルである。享保2年(1717年)旗本駒井氏地代官の飯島一覚が隣村韮塚村諏訪の原から移植した。隣接する旧光福寺境内には明治43年植栽の二代目が育つ。
 

概要

名称

 連取のマツ(つなとりのまつ)

指定年月日

 昭和28年8月25日

指定区分

 県指定天然記念物

所在地

 伊勢崎市連取町591

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ