このページの本文へ移動

小茂田家住宅

  • 2013年1月4日更新

小茂田家住宅 本住宅は、明治初期建築の桁行一〇間、奥行五間の切妻造り養蚕農家である。蚕種製造の先駆的指導者で長沼組を興した小茂田藤橘が「親仁(しんじん)館」の名で養蚕伝習所としても利用した。この地域は島村とともに蚕種製造地帯を形成した。主屋は造形の規範であり、養蚕、土蔵、井戸屋は歴史的景観に寄与という理由で登録された。

 

 

  概要

名称 小茂田家住宅
よみ こもだけじゅうたく
指定年月日 平成16年2月17日
指定区分 国登録有形文化財
所在地 長沼町2631

 

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ