このページの本文へ移動

女堀

  • 2016年10月28日更新

女堀

 12世紀中頃に開削された農業用水路である。前橋市上泉町を起点に伊勢崎市国定町二丁目までの総延長12.75キロメートルに及ぶ。用水路の掘削目的は、天仁元年(1108年)の浅間山噴火で荒廃した土地の再開発にあるとされる。全線を150~200メートルの工区とし、それを細かく分けて工事を実施したと考えられるが、用水として機能した形跡はない。

 

 

追加指定について(平成28年10月3日追記)

 平成28年10月3日の官報告示により、史跡女堀の一部が追加指定となりました。

追加指定に係る国文化審議会の答申について(平成28年6月17日追記)

 国指定史跡女堀の史跡整備を目的とした平成25年度の発掘調査により、保護すべき遺構範囲の拡大が確認されました。範囲拡大に伴う追加指定について、平成28年1月に文部科学大臣あてに申請をしていましたが、平成28年6月17日答申がありました。
 これにより、10月に予定される官報告示を経て、正式に国指定史跡に追加される見込みです。

概要

名称

 女堀(おんなぼり)

指定年月日
  • 昭和58年10月27日
  • 追加指定 平成9年9月11日、平成28年10月3日
指定区分

 国指定史跡

所在地

 伊勢崎市下触町213 外

地図情報


ダウンロード

関連リンク

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ