このページの本文へ移動

トップページ くらし 育児・教育 人権 DV(ドメスティック・バイオレンス)相談

トップページ くらし 各種相談 DV(ドメスティック・バイオレンス)相談

DV(ドメスティック・バイオレンス)相談

  • 2017年10月16日更新

配偶者等からの暴力(ドメスティック・バイオレンス(DV))は、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害です。

配偶者等からの暴力の被害者は、多くの場合女性であり、経済的自立が困難な女性に対して配偶者等が暴力を加えることは、個人の尊厳を害し、男女平等の妨げとなっています。こうした認識の下、平成13年4月に「配偶者からの暴力の防止および被害者の保護に関する法律」が制定されました。その後、保護命令の拡充や市町村についての規定の強化などの改正が行われています。

暴力により、生命や身体に重大な危害を受けるおそれが大きいときには保護も受けられます。ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

相談

いろいろな機関で相談を行っています。

市役所 

相談者の状況に応じ、相談対応や各種相談機関の紹介および情報提供などの支援を行っています。直接または電話での相談を受け付けています。

市民部人権課 電話 0270-27-2730

受付時間

月曜日から金曜日=午前8時30分~午後4時

配偶者暴力相談支援センター

電話相談を受け付けています。
群馬県女性相談センター 相談専用電話 027-261-4466 

受付時間

  • 月曜日から金曜日=午前9時~午後8時
  • 土曜日・日曜日・祝日=午後1時~5時

(注)水曜日の午後1時から2時30分までは弁護士による法律相談が受けられます。

警察

被害者の意思を踏まえ、加害者の検挙、指導・警告、自衛・対応策についての情報提供などの適切な措置をとります。
伊勢崎警察署 電話 0270-26-0110 

受付時間

24時間受付(但し、夜間休日は宿日直対応)

保護

加害者から逃れたい場合、女性相談所において、各種相談業務を行うとともに、暴力を受けた被害者の一時保護業務を行っています。

また加害者が近寄ってこないようにしたいという場合には、裁判所に申し立てると加害者に対し、保護命令が出されます。
(注)更なる暴力により、生命または身体に重大な危害を受けるおそれが大きいときに限ります。

くわしくは下記のサイトをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 人権課
電話番号:0270-27-2730 ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:jinken@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ