このページの本文へ移動

トップページ 観光・イベント 歴史・文化財 指定文化財 史跡 稲垣平右衛門長茂の墓附累代の墓所

稲垣平右衛門長茂の墓附累代の墓所

  • 2016年7月12日更新

稲垣平右衛門長茂の墓附累代の墓所

 天増寺は、伊勢崎の礎を築いた伊勢崎藩主稲垣長茂が菩提寺として建立したもので、稲垣家墓所には24基の累代の宝篋印塔型の墓塔が並ぶ。いずれもすこぶる雄大で、時代の特徴をよく表している。特に長茂の墓は、総高395センチメートルと巨大であり、石工の高い技術が各所に見られる。
 

概要

名称

 稲垣平右衛門長茂の墓附累代の墓所(いながきへいうえもんながしげのはか つけたり るいだいのぼしょ)

指定年月日

 昭和42年2月15日

指定区分

 市指定史跡

所在地

 伊勢崎市昭和町1614(天増寺)

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ